読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

奈良といえば・・・

動物のこと

福岡、関西と出張が続いて、ブログ書いたり、いろいろやることもあるけれど、とりあえず、
奈良での私の萌え:*:・( ̄∀ ̄)・:*:を・・・。


$お庭の周辺


のどかな朝の奈良公園。そこは鹿さんたちに会えるシカ王国。

私はけっこう鹿という動物が好きかも。森の王者とか使いとかも言われているけど、その姿やお顔のかわいさと穏かな感じがたまりません。


が、しかし・・・。
カメラを向けるとまったくお顔がうつせません・・( ̄Д ̄;;

みなもくもくと下をむき、何かをもぐもぐ。



$お庭の周辺


これが「シカト」という状態でしょうか・・。


でも、興福寺でおすわりしている鹿さんを発見。そーっと近づいて撮らせていただきました。


$お庭の周辺


カメラ目線じゃないけど、しょーがないか・・。かわゆすヾ(@°▽°@)ノ


半日くらい奈良公園でぜいたくに鹿ウォッチング&すごせたら、鹿のスピリットとコンタクト取りたいなあ・・。



動物園ではなく、こんなふうにのびのびと広い敷地で鹿とすごせる場所はなかなかないかなと思います。


鹿はギリシャ神話のアルテミスという女神とのつながりもあり、月とも関連があります。
だから、再生や変容とも関係あり。

もののけ姫」に出てくるシシ神さまはまさにそうだったしね。(シシというけれど、シカの化身っぽい)


秋は発情の季節なので、雄鹿たちは角を切られていたけれど、夕方近くになるといろんなところから鹿の鳴き声がしていました。

万葉の時代はよりいっそう秋の夜長に鹿の鳴き声を聞いていたのでしょうね。


もちろん鹿は神様の化身でもあります。
春日大社では神様が白い鹿に乗ってやってきたということで大切にされています。


春日大社の手洗い場。


$お庭の周辺



鹿が好きなら、ぜひとも奈良へ。

鹿グッズもあちこちで見られ、かなり誘惑も強いのですが・・・。
わたしは鹿キャンドルを買ってしまいましたわ。