読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

【映画】危険なメソッド

そうとう久しぶりに映画に行った。


話題になっていたクローネンバーグ監督の「危険なメソッド



サビーナってこういう人なんだっけ・・・。


かなりの脚色だとは思うけど。



見終わってみるとサビーナの印象が強烈に残っている感じ。




ユング関連の写真などみてみるとトーニーのほうがすごく個性的な印象ですが。



映画でずっと目についていたのは女性たちがまとっているレースのドレスの数々( ̄▽+ ̄*)


どーもそこばかり目がいっていました。

白のレースのバリエーションが豊富で。



どうも内容とテーマで前もってのまわりの期待度が高すぎるため、映画そのものの評価は下がりがちのような傾向にあるように思う。


難しいですよね。



ここのところ、映画で人を動員するにはミニシアター系はとても厳しいところだと思う。



映画として悪くはなかったけど、何かもうひとつほしい感じはあったかな。



ユングの私生活や生い立ち自体がかなり特異なので、伝記映画のようなものも面白いかもしれない。ユングを知らない人が「危険なメソッド」をみたら、こういう人だと思っちゃうかもしれないし。




高松ではまだソレイユ2にて25日くらいまでやっております。


ソレイユは高松でゆいいつミニシアター系の映画館として頑張っており、3本ぐらい異なる映画を同時に公開しつつ、維持しているような感じです。

そんなに頻繁に行けてないけど、生き残ってほしいです。(ノ_・。)