読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

ペーパーカッティング

GWも終わりですねー。

しばらく不調だったため、運動不足気味だったこともあり、動けるときにチョン・ダヨンさんのモムチャンSダンスのDVDを見つつ、体を動かしてみたりしてます。

あとここのところ、切り絵を少々やってて、それも図書館で借りた本をみて。

花の模様モビール/吉浦 亮子
¥1,680
Amazon.co.jp

ハスの花など切り切り。ローズウィンドウみたいに薄い紙を重ねて切るのではないから

わりと楽勝。

本屋さんでほかの切り絵の本を散々立ち読みして、帰りにダイソー寄ったらば、

なんとダイソーに切り絵の本が!!

ちょっとかわいいバージョンのやつは売切れてたけど、和の切り絵の本が一冊残ってた。

105円といえども、かなりの型がありましたよ。

下のは燕と柳、蝶

お庭の周辺


モビールの本をみて作ったのがこのハイビスカスのモビール


お庭の周辺

紙に糸をつけるのがかなりもとない感じ・・すぐ切れそう。

うちに猫がいようものなら、モビールなんて飛びつけーと言ってるようなもの・・。

まあ、あんまりモビールにする必要ないかも・・と他の花の型紙をみて、いろんなお花を切り絵してみたいかなと思います。

これを切るときにしばらくずっとshasのweb講座のホドソンとバードンの購読クラスを聞きながら作業してたけど、目の前にあるとついつい切り切り作業が止まらなくなるものの、パソコンみるよりもすごく目が疲れるんだわ( ̄ー ̄)

切り絵の本っていろいろみてるとディズニーキャラを付箋から作る本とかベルばらの切り絵とか面白いのが案外あるよ。

しかし、切り絵は今のところほんとにやりたいことのものすごく長い助走に過ぎないかな。

すぐ出来上がるし、かわいいので手があくとやりたくなるが。

ハワイアンな切り絵の本とかなかったけど、キルトの型などからいろいろ作れそうな気がする。

フラダンサーやホヌ、プルメリアなどの切り絵。

あとこうしたペーパーカッティングや手仕事の本って日本の本よりも外国の本のほうが断然センスがよいものが多いんだな。

こんなんとか。つか、難易度かなりアップだけど。めめが疲れるがな・・。

Paper Cutting Book: Contemporary Artists, Timel.../著者不明
¥2,879
Amazon.co.jp


こっちは日本語で出てるやつ。イギリスの作家さんの本。これもかわいい。

ペーパーカッティング -切り絵作家とはじめるペーパークラフトワーク/Emily Hogarth
¥1,890
Amazon.co.jp


手から何かを生み出す作業はやはり楽しい♪