読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

瀬戸内生活工芸祭・玉藻会場で器探し

お出かけ

瀬戸内生活工芸祭へ行ってまいりました。
玉藻公園でのクラフトフェアは今日と明日のみです。

明日はくるみの木の石村由起子さんとこのイベントのディレクターの三谷龍二さんのトークショーがあるようです。

マルシェもあるので、いろいろな食のお店もありますよ。


クラフトフェアは全国のいろいろな作家さんの作品があって、どれも素敵でした好

もちろん手作りで専門の方の作品なので、それなりの価格がしますが。

秋というとフリマなどもあったりするものの、高くてもいいもの、美しいものを求める人も多いので、
かなりたくさんの人たちで賑わってました。


この大仏の手のような豆皿、かわいーと思ったものの、気軽に買う価格じゃなかった・・。

140920_130356.jpg


石のはんこもすごいよく出来てたー。消しゴムのはんこ屋さんもすごかったー。かなり盛況でした。

140920_133741.jpg


一番の目当てはガラスの器。

フラワーエッセンス作りに使えそうなものがあるかしらと。

しかし、なかなか難しい。


これは深さがあるけど、フチに注ぎ口がついている。

140920_130517.jpg


このガラスは薄くて素敵なんだが、底がもっと丸いほうがいいかなー。

140920_130739.jpg


これもかなり迷うが、均等な形じゃないところが気になる。ちなみにガラスの器は直径10cm程度のものが3000円、一回り大きいものがだいたい5000円くらい。

140920_131916.jpg



これはかなり理想的な形なのだけど、庵治石ガラスなので、色がついてて残念。
でも美しい・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

140920_132155.jpg


こちらの透明度は素晴らしいのだけど、ちょうどいい大きさと形がなかった・・。綺麗なのよー。

140920_132517.jpg


全体にシンプルで美しくて、丁寧に作られたものばかりで、こういうものに囲まれて生活すると気持ちがいいだろうなと思いました。

庵治石ガラスいつか気軽に買いたい(;^_^A


さて、23日までは女木島会場にてギャラリーがあります。迷ってます。
この期間は平日でも瀬戸芸の作品が見られるそう。「存在の不在」気になる。

女木島会場は島の植物を使ったアート作品が気になってます。



瀬戸内生活工芸祭公式サイト