Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

カンボジア旅行記~アンコールワットへ

観光のときに車やトゥクトゥクを手配すると

お昼のランチには必ず観光客用のレストランに案内されます。

地元のカンボジア料理がもちろん食べられますが、

観光客向けなのでそんなにすごく安いということはありません。

現地の人からすると高いと思います。

滞在中は地元の人しかこない場所は一か所しか行けなかったけど、

料理がちょっと違うなと思いました。

最初に食べたカンボジア料理はアモックでした。

魚などをスパイスとココナッツミルクで煮たようなもの。全然辛くはないです。

日本人には食べやすいと思います。

f:id:chietiara:20191229114008j:plain

 

さていよいよアンコールワットへ。

 

f:id:chietiara:20191229114140j:plain

水に囲まれているのね。お城と同じような。

f:id:chietiara:20191229114213j:plain

最初の門のような建物を抜けてから、あらわれます。

なかなか広そうです。

f:id:chietiara:20191229114345j:plain

 

この手前にこういう建物があるのだけど

帰ってからいろいろ読んでいたらこれはスピリットハウスというらしい (とある方のブログで見たので本当かどうかは不明)
守護的な役割らしいけど。

f:id:chietiara:20191229154627j:plain

 

中の回廊は3重くらいになってます。あんまり外をじっくり見てなかったのが残念。

レリーフももっとよく見ればよかったです。

f:id:chietiara:20191229114511j:plain

内側はこのような空間がありますが、後でガイドブックとか読んでたら

雨季のときはここはプールのように水が入っているということだけど。。

これもあとからわかったけど、身を清めるためのプールになるらしい。

f:id:chietiara:20191229114609j:plain

 

枠のところの模様も細かい。

f:id:chietiara:20191229114802j:plain

 

中心のところは登れるようになってます。

昔はこの傾斜のすごい狭い階段は登れたようですが、

今は別のところにある木の階段を使います。

それでもけっこうな傾斜でした。

スカートだと登れないようです。

f:id:chietiara:20191229114915j:plain

上からみたところ。

f:id:chietiara:20191229115303j:plain


観光用の気球があがってます。

f:id:chietiara:20191229115156j:plain

中で観光用写真のためアプサラの衣装でスタンバイする女の子たちがいました。

なんなく絵になります。

f:id:chietiara:20191229115413j:plain

 

途中で喉乾いたのとトイレ休憩もかねて移動したのですが、

アンコールワットは猫天国で (犬もたくさんいますが) 遺跡と猫というナイスな写真も撮れるチャンスもあります。

私はお土産物屋にたむろするたくさんの猫しか見れなかったけど。

f:id:chietiara:20191229115544j:plain

猫好きにはたまらん。。岩合さんもアンコールワットで猫散歩されたようですよね。

f:id:chietiara:20191229115748j:plain

 

 つづく。