読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the garden

フラワーエッセンスプラクティショナーによる植物や自然と過ごす日常とエッセイ

【映画】ミッドナイト・イン・パリ

映画・ドラマ・TV

Midnight in Paris/Imports
¥4,193
Amazon.co.jp
ウッディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」をDVDで見ましたビックリマーク

おしゃれで、面白かった。


作家志望の主人公がパリにあこがれて、婚約者と婚約者の両親といっしょに
旅行にくる。
彼はとくに1920年ごろのパリにあこがれを抱いている。
婚約者の女性とはうまくいっているが、何か彼とは価値観が違う。
彼がひとりでホテルまで帰ろうとして
迷い、ぼーっと座っていたら
車が自分の前に止まり、中から呼びかけられるまま乗ってしまう。

そのまま彼は1920年のパリに来てしまい、次つぎと有名な作家や芸術家たちと
会い、交流をもつ。

というお話。


いわゆるタイムスリップものだけど
車で誘われてそっちにいくというのが自然な感じ。


あと、パリのいろんな観光地
モネの庭とか、美術館のモネの絵とかロダン美術館などが
出てくるのでちょっと楽しい。


パリの建物ってほとんどが1920年とかに建ったようなものが
当たり前にあるのがすごい。

だから、歴史上の人物などのエネルギーがそのまま残っているような感じがするなあ。

パリのガイドブックを見てたら、だれだれがよく来ていたカフェとか普通に
まだ営業していたり、ゆかりの場所がたくさんあって時間がそのままのような
場所もありそう。
日本にもあるけど、痕跡がまるでないからわかりにくいしね。


映画はコメディタッチでもあるけど、
主人公があこがれているものが目の前にやってくることで
実はいろんなことに気づかされるのが自然に展開されて
さすがだなって思いました。


とにかくおしゃれ。